低用量ピルは避妊・生理不順などに効果のお薬となっています。絶対に妊娠をしたくないと思う女性は低用量ピルを利用してください。ただ、低用量ピルを服用できない方もいるので医師に確認を取るようにしてください。

妊娠したくないなら低用量ピルを使うべし

低用量ピルなら避妊具包装破損による被害にリスク

生理習慣のある健康な女性に取って、男性と性交渉を行う場合、子供を持つことを望んでいないのであれば、確実に避妊するということは、とても大切な問題です。日本では、避妊を男性任せにしている女性も多く、コンドームの包装に破損があることに気づかず、膣内に精液が浸入してしまったことにより、思わぬ妊娠という被害にあってしまったという例も後を絶ちません。妊娠をすると、女性の身体は大きく変化し、ホルモンバランスの変化で、精神的にも今までと同じようには過ごせなくなってしまいます。その為、周囲の理解やサポートが絶対的に必要となってしまうので、妊娠をするからには、万全の体制を整えてから挑むのが理想的で、予期せぬ妊娠は、周囲にも多大な迷惑をかけてしまうことにもつながりかねません。万が一中絶手術を受けなければならなくなれば、心身ともに女性が受けるダメージは、相当強いものとなってしまいます。そんな事態に陥らないようにするためにも、低用量ピルの服用を習慣づけ、子供を希望していない間は、完璧な避妊対策がとれるようにしておきましょう。低用量ピルは、副作用の危険性も少なく、安全に服用できる素晴らしい医薬品です。毎日決まった時間に飲み忘れることなくきちんと服用していれば、コンドームよりも、はるかに高い避妊成功確率を誇ります。男性任せにして、次の生理がきちんと来るかどうか不安に過ごすよりも、自分の身体は自分でしっかりと守れるようにすることこそ、大人の女性の行動です。低用量ピルは、生理不順を改善し、生理痛を軽減したり経血量を少なくしたり、生理に関する様々な問題を解決してくれる効能も期待できます。是非上手に活用して、日常生活の向上を図りましょう。

TOPへ戻る